海外「日本のウィスキーは最高だよ!終売は嫌だ!!」竹鶴の一部が終売で海外は落胆!?

記事のソース

ニッカウィスキーの看板ブランド「竹鶴」の17年、21年、25年といった、

3種類の終売が決定したそうです。

日本のウイスキーは世界中で人気となっており、

一部銘柄終売となっています。

これは原酒不足が原因とのことです。

そんな竹鶴の3銘柄の終売に関して、

海外から様々な反応が見られましたのでご紹介します。

海外の反応は・・・

  • 日本のウィスキーは最高だよね。
    すごく美味しいと思います。
  • 悲しいニュースです。もっと生産して欲しいのに。
  • ニッカはスコットランドの蒸留所の販売方法を学ぶべき。
  • 特にビンテージものは勉強になると思います。
  • 去年買っておいて良かったよ。
  • 生産が完全に中止になる理由が良く分かりません。
  • これらのウイスキーはもう何年も前から店頭から姿を消して、
    オークションですごい高値で売られていたんだよ。
  • 買いだめしたい。もう間に合わないか・・・。
  • 俺には高すぎる。
  • こんな事態になったなら、
    オンラインのショップで買いしかないよな。
  • これは成功の犠牲者だ。
    熟れすぎた熟れすぎたせいで日本の素晴らしいウィスキーが市場から消えるなんて。
  • これらのウィスキーが簡単に買えた時代が懐かしい。
  • すでに12年物も販売を終了しています。
    これNHKの人気ドラマ「マッサン」効果の一部だと思います。
  • 残念の一言につきますね。
  • 悲しいことに、これらの3つは通常価格で見つけることは、
    ほとんど不可能であるため、ほとんどの人は違いに気づかないでしょう。
  • これらはオンラインショップでは見られますよ。

ひとこと

残念ですが、これを機に新しいお酒を開拓していきたいですね。

1 個のコメント

  • コメントを残す