天皇陛下が被災地訪問 その時海外の反応は・・・

2011年(平成23年)3月11日 に日本を襲った東日本大震災。

これにより東北を中心に甚大な被害が見舞われた。

今回紹介するのは、

そんな災害の最中にあった、

心温まるシーンを紹介します。

当時の天皇陛下(現在の上皇)が被災地をご訪問なさったシーンです。

それでは、海外の反応を見てみましょう!



海外の反応は・・・


  • 天皇陛下、長生きしてください。
  • 2700年もの間、日本人が天皇陛下を愛している理由がここにあった。
  • 全ての日本国民が、天皇皇后両陛下を愛しているんですね!
  • 私は君主制が好きです。
    このシステムにより、私たちは死ぬまで一人の指導者に、忠誠を尽くすことができます。
    しかし、この類の王はまれです。
    英国の王と比較して、
    私は日本の明仁上皇はよりきちんとしていて、
    彼は人生を人々のために捧げていると信じています。
  • 歴史的背景から、天皇を心から尊敬しています。
  • 彼は、多くの日本人がまだ放射能汚染の危険性があると思っていたときでさえ、福島を訪れました。
    さらに、彼が手術を受けたのはその頃でした。
  • 高貴な方ほど、謙虚なのかもしれない。
  • 陛下、長生きしてください!
  • 彼らの笑顔を見ると、幸せになります。
  • 私はブラジル人ですが、この動画には感動しました。
  • なぜだか、涙が溢れてきたわ〜
  • 素晴らしいご夫婦だ。
  • 陛下が日本を愛していることがよく分かります。
    だから私は日本が大好きなのです。
  • 海外から、深く敬意を表します。
  • 彼らは良い人にしか見えない… ☺👍
  • この世界は繋がっている!
  • なんて謙虚なんだ!彼のご多幸をお祈り致します。
  • これが本当にKINGだ!
  • 日本の習慣にはあまり馴染みはありませんでしたが、
    公共の場に陛下が来られるのは本当にレアですね!
  • 本当に皆さん素晴らしいですね。


ひとこと


海外では公共の場に国王が来て、

このような振る舞いが見られるシーンは、

貴重のようですね!