海外「なんて崇高なんだ!すごいね日本!!」ケンタッキーのチキン供養に海外から称賛!!

皆さんケンタッキーはお好きですか?

私は大好きです。

今回は、そんなケンタッキーが神社で行う、

「チキン供養」に海外から称賛の声殺到の話題です。

海外はクリスマスの時期になると

「日本人は七面鳥の代わりにKFCを食べる」

という話が取り上げられますが、

「日本法人が鶏たちの供養を行なっている」という件が今話題です。

こちらは毎年日本のケンタッキーの社長や役員が神社に集まり、

命をいただいた鶏たちに感謝と

祈念を捧げているそうです。

この件はTIME紙に取り上げられるなど話題になっていました。

これには外国人から日本人の姿勢に対し、

称賛と感動の声が寄せられました。

早速、「チキン供養」に対する海外の反応を見て行きましょう!

海外の反応は・・・

  • 自分がいただく命への感謝は、
    いつだって尊い。
  • 世界中の企業が彼らと同じような姿勢だったら、
    きっと今よりもっといい世界になるのに。はぁ・・・・・。
  • 彼らの理念に賛同したい。
    動物の肉を食べることは悪ではなく、
    行きている以上自然なことなんだよ。
  • 自分の命を奪った人間に毎年慰霊されるよりも、
    行きている方が喜ばしいでしょ。
  • 日本を愛する理由がまた1つ出来てしまった・・・・。
  • 自分を取り巻く全ての物事に敬意を払う・・・・。
    それが多くの人にとってすごく難しいことなんだと・・・。
  • 自分の祖先たちもバッファローを買った後には、
    同じように供養していたんだ。
  • 他の人が言ってるように、
    僕も変わってるとは思わない。
  • それでも命をいただくことに感謝の心を持ちべきじゃない?
    そもそもあなたは菜食主義者なの?
  • 動物に対して感謝するのは結構だけど、
    彼らは自主的に命を差し出してるわけではない。
  • こんなことは日本以外じゃありえないだろうな・・・
  • 自分たちの命の活力を与えてくれる動物や植物に対して感謝する。
    こう言った考え方はかなりシントウの要素が強いね。
  • 日本人がクリスマスにKFCのチキンを買うことは知ってたけど、
    鶏の慰霊までやってたのは初耳だった。
  • 日本のKFCが牛肉を販売してるなら当然やるでしょ。
  • 最初は笑ってしまった・・・・・。
    でもそういう考えがあったのかって
    思わせられたよ。
  • 俺がよく行くお気に入りのステーキ屋さんの店主にも、牛たちの供養をやることを勧めてみようかな。
  • ハンターが自然や動物に感謝することは、
    一般的に崇高な振る舞いだと捉えられているよね?

ひとこと

日本人でもこれは初めて知りました。

おもしろい文化でもあり、

とても意義があるものでもありますね!

13 件のコメント

  • でも鯨塚のことはわざと報道しない。

    卵から植物から、道具、針や包丁まで、八百万の物事に感謝して供養する。
    これは人間でも同じで、偉人でも犯罪者でも同じように供養する。死んでしまえば悪人もそういう業を背負った気の毒な人と考える(これは仏教的だよね)神道的に解釈するならこの世に怨みや未練を残した魂こそ鎮めなければこの世に災いを起こすってとこだけど、現代では怨霊で説くより仏教的な解釈の方が万人に通じるよね。仏教の方便って発想は時代に適応するためには有用、神仏習合はやっぱり必要な考えで日本人的哲学、宗教観の肝だよね。

  • 針とか無機物でもやるし。
    感謝もあるけど、ぞんざいに扱うと祟られるという考えとセット。
    悪人ですら供養すれば、ご利益がある。

  • 自分の命を奪った人間に毎年慰霊されるよりも、生きている方が喜ばしいでしょ。

    この外人さんは、ライオンにインパラを食うなと言っている。

  • この記事に対しての「自ら命を差し出したわけじゃない」ってコメントの浅はかさと言ったら!
    この程度の思慮で肉食の是非を語るんだからヴィーガンとかそこら辺の底がしれるわね。

  • コメントを残す