「日本の黄金の時代だった」バブル期の日本 -海外の反応-

1980年代の日本が舞台のスリラー映画、アースクエイクバード。

公開にあたりネットフリックスから、時代背景の説明のため、バブル期の日本についての動画がアップされました。

今回は、その動画への海外の反応をまとめてみたいと思います。

海外の反応

  • 公平に判断しても、1980年代は日本のオートバイと自動車の黄金時代だった。経済的に良い時代だったのにも関わらず品質を落とさなかった。むしろこだわって、品質を向上させた。
    • 文化の違いだよ。 好況期で品質を落とす国もあるけど、日本は好況期を利用してより良い品質を目指し続けたんだ。
  • 生まれてもない時代の行ったことがない場所なのに、なんかほっとする。
  • こういうやり方で映画を売り込むんだな。ネットフリックスよ!
  • このビデオは80年代後半の犯罪映画の存在を思い出させる。「ブラックレイン」と「Kinjite(禁じ手)」(訳注)
  • 1989年に日本に行って、すごく楽しかったことを覚えているよ。
  • 日本好きの脚本家が書いたのかな?
  • 最高の未来的な都市である東京の、どこか奇妙なとこが好き。
  • 日本のバブル時代に普通の市民として生きることは、歓喜の声と苦しみの声の狭間にちょこんと小さくいることだって言われたよ。
訳注

Kinjite(禁じ手)とは、80年代後半の日本が舞台のアクションスリラー作品です。日本では公開されていないようです。
  • シティポップだね!
  • 龍が如く0 誓いの場所は80年代の日本が正気を失っていたことを示している好例。
    • 確かに、このビデオ、基本的にあの世界観だよね。
    • ディスコやカラオケに行き、不動産業者やキャバレークラブマネージャーになる。日本の80年代はワイルドだ!
  • 今の日本は80年代の二日酔い状態ってことか。
  • ネットフリックス、このまま1980年代の日本のドキュメンタリー映画作ってよ。
    • 私も見たい!
    • “Otaku”ってドキュメンタリー、おすすめ。
  • 80年代に日本で生まれたけど、パーティーするには若すぎた。
  • 1980年代後半から1990年代初頭のマンハッタンの通りは日本人観光客であふれていた。1990年代半ばには日本人観光客が姿を消していた。
  • あれから30年経ったけど、今でも素敵なものは残っているよ。
  • この時代に行きたいからタイムマシン作ってる!
  • アメリカの貪欲さが日本を経済大国にさせた。
  • 日本には素晴らしい文化がある。アジアの男はホットだよ。
  • バブル時代の日本を感じたいのなら、1980年代後半の日本のコマーシャルとテレビドラマ(「トレンディドラマ」と呼ばれる)を見るのおすすめ!
  • 日本の車乗ってたっけな。
  • ふむ、広告のやり方として最高だな。
  • 私は1988年に日本に移り、2010年代の半ばまで日本に住んでた。 ほんとうに最高の期間だった。
  • 1980年代後半は、カリフォルニア大学バークレー校の”環境学”のクラスですら(“アメリカの環境の歴史”クラスでさえ!)、最低でも2週間、日本のことを話してたよ。
  • 1980年代の日本は、サイバーパンクの世界観だ。
  • 1991年に日本に行くことができた。かなり大いにバブル文化が残っていた。忘れられないよ…。

ひとこと

地方の田舎に行くと、ほのかにバブルの残滓を感じることができますね。寂しいけど、好きな景色です。

3 件のコメント

  • バブル期は後々体ぶっ壊れるのに無理やりドーピングしてる状態だからな
    今もそれでぶっ壊れた内臓でひぃひぃいってるのにいい時代言うヤツの気がしれん

  • コメントを残す