日本人が作りだした万華鏡のような景色 Yellow Magic Orcastra(イエロー・マジック・オーケストラ)海外の反応

イエロー・マジック・オーケストラという音楽グループをご存知でしょうか?

西洋から見た東洋というステレオタイプな像を強調し、ハイブリッドな音楽を作り上げた集団です。

今回はファーストアルバムから、海外の反応をまとめてみたいと思います。

海外の反応

  • これが1978年に発表されてるだなんて信じられないよ。現代のエレクトロやポップの要素が詰まってるんだから。
  • 世界中の音楽を日本人のレンズを通してフィルターをかけると、万華鏡のような素晴らしい景色ができる。
  • 凄くクール。
  • これ聞きながら日本旅行してぇなあ。
  • 中国女、滅茶苦茶美しいね! (訳注)
訳注

中国女はアルバム内の曲名
  • これ、1978年の音にも聞こえるけど、 2078年の音にも聞こえるね。
  • 未来的なファンク。
  • いくつかの理由があって、motherのサウンドトラックを思い出させてくれる。
  • これとクラフトワークの”人間解体”がでたのを考慮すると、電子音楽にとって1978年はいい年だったなあ。 (訳注)
  • 1978年からYMOのファンだ。
訳注

クラフトワークはドイツの音楽グループ
テクノポップの先駆者である
人間解体は代表作のひとつ
均一的な美しさ
  • ドイツのクラフトワークへの日本からの返答。
  • レコードプレーヤーを手に入れた12歳の時、 父の2000枚のコレクションからこれを選んだっけなあ。いい選択だったよ。
  • 70年代にDJやってたけど、これかけたら、ダンスフロアで皆狂乱してた。
  • これを1978年に聞いてたのって日本人とサイボーグだけでしょ?
  • 高校時代の思い出!
  • すべてのビデオゲームの作曲家はYМОに貸しがあるね。
  • YMOは日本のビートルズだ!
  • 東脳やLSDのような佐藤理(訳注)作品を思い出すね。持ってない人はチェックしてみて!
  • YMOとカシオペアはビデオゲームサウンドトラック界において、最強のインフルエンサーだね。
  • 幸弘のメトロノームのような正確なドラムと、晴臣のファンキーでスティッキーなベースが大好き!
訳注

佐藤理はゲームクリエイター
サイケデリックな作風に定評がある

ひとこと

素敵な反応が多かったです。

YMOだと、自分は厨二病なのでBGMが好きですね。

テクノデリックもずっしりしてて大好きです。

27 件のコメント

  • この時代他にもいたんだよ、よりチープなプラスチックスとか、ボウイのプロデューサー佐久間正英(四人囃子)が在籍してた

    • YMOは第一級のスタジオミュージシャンの集合体だったが、プラスチックスはもともとデザイナーやスタイリストなど音楽素人のクリエイターの集ったパーティーバンド
      その性格上、ファッションを含めたステージパフォーマンスのほうに特色があって音楽的な革新性や完成度ではYMOに及ばない
      ビジュアル映えするので海外ツアーでは現地テレビやニュースに出まくりYMOよりも人気があった

  • >すべてのビデオゲームの作曲家はYМОに貸しがあるね。

    ファーストアルバムはそのビデオゲームの音をリメイクしてるんだから逆だろ

    あとほとんどの作品はUS,UK,ヨーロッパでもほぼリアルタイムでリリースされてるから日本人だけしか当時は聞けなかったってほどでもない

  • 同じくBGMがベスト。あの全ての雰囲気がいいし
    まとまりがある完成度も高い。1000 KNIVESなんてかっこいい。
    ラストアルバムのSERVICEも好き。BGMからラストまで色的に
    水色っぽいビジュアルやら共通した雰囲気がいい。

  • YMOとクラフトワークって正直さして似てないよな
    YMOは手弾きの音楽家集団 ジャンル的にもテクノに留まってない

  • 自分は全世界で2万枚しか存在しないという
    幻の1stアルバムを持っている。
    それだけが自分の唯一の自慢

  • 海外進出成功例としては、それ以前にもいち早く海外レーベルと契約してフランスで人気を博しアジア一帯でも幅広く人気を集めた五輪真弓のような存在もいたわけで
    あれはカレンカーペンターズに似ているとよく言われる低音域から高音域までむらなくのびる稀な声質の美しいアルトと安定した高い歌唱力による歌手としての評価が大きかったとは言え、ソングライターの海外進出の先駆けとしてもっと再評価されるべきと思う
    他に海外で成功した同時代のシンガーソングライターは誰もいないわけで忘れ去られるにはもったいない功績

  • YMOがなかったら、タイトーのZUNTATAはなかった
    ZUNTATAがなかったら、ダライアスもナイストもなかった
    ダライアスがなかったら、1stダライアスのグレートシンクも
    ニンジャウォリアーの最終面の曲もなかった

    • 豆知識
      ◯ダライアスのステージB等機械都市面の曲
      「インオーガニック・ビート」にはYMOの曲からサンプリングした音が使われている
      ◯ナイトストライカーの郊外面のボスの誘導ミサイルをバラ撒いてくるトレーラーの名前は「ファイヤークラッカー」
      YMO結成の元になった曲名と同じ

  • 2020年になっても「未来的」ってコメントを出させることがスゴい。
    ほぼリアルタイムで聴いてたおっさんだが、久々に聴いてあらためてショックを受けた。
    バブルの時代に向かう、キラキラした、今ではもう感じられることが無い、開放的に広がっていくかのように思えた無邪気な社会の明るさの空気も思い出させてくれるような日本の音のひとつだ。

  • 真空管集めてタンス設計中
    12AX7と12AU7のオバケになりそう…
    一部FMラジオ用の変調管が必要だけど6RR-2か12RR-2が入手困難

  • ああ、まだウチにカラーレコードが2枚有るな。他も初版のはず。
    中二病ならライディーンだろ、BGMは精神的な不安を感じるw

  • コメントを残す