海外「これが日本の技術か!!」日本の”そばうち”の凄技に海外は驚愕!!

 あなたは、そばが好きですか?
 そばは、「Soba Noodles」として海外でも知られた、和食の一つです。
 そば作りである、そばうちの様子を見た、海外からの反応をご紹介します。

海外の反応

  • 日本の職人のそば打ちを、30分以上ずっと見守っていたよ。
    時間がゆっくりとすぎていったよ。
  • 屋台の食べ物がすべてファーストフードではないことを、人々は知っておくべきだね。
  • 日本人が絶対に魅力的なのは、精密さと清潔さだね。
  • 日本人は自分たちが作ったものすべてをアートのように扱うよ。
  • 彼は麺をマッサージしてるみたい。
  • あの赤いボウル欲しい。
    • 私も、そう思ってた。
      同じ種類の生地ではないけど、私は何年も怠惰になっていて、混合ボウルで生地を練っていたから。
      この巨大なボウルは素晴らしい!
    • 本気で買うならこねばち。
    • そのボウルにシリアルいれて食べたい。
    • ボウルも大好きだけど、彼らがするすべてのことはそのような注意と精密さで行われているから、とてもきれい。
  • 我慢強い人・・・「水を全部入れて」みたいなことをしない・・・
    • 実際には違うよ。
      一度にすべての水を加えると、はるかに大きなチャンクがあり、生地は滑らかにならないから。
      実際には、滑らかになるまでこねることができるけど、さらに時間がかかるよ。
    • 小麦粉の割合が多い、下級のシェフがそうするかもしれない。
      しかし、これはそば粉100%の比率。
      だから、ボウルにすべての水を一度に入れるのはあまり良い考えではないね。
      ところで、小麦粉が多いと、とても白く見えるよ。
      生そばそばもとても白く見える。
      沸騰後もまだ白く見える。
      しかし、シェフがどれだけ小麦粉をそば粉に入れたかは、初心者にはわかりにくいね。
      通常は8対2の比率。
      しかし、ずる賢くて安い蕎麦店は、小麦粉をさらに投入してコストを下げてるんだ。
    • パン生地を作るとき、私は何も測定しないね。
      水分過剰よりも水分不足のほうがいいことがわかったよ。
      水を少し加えるだけで、生地が滑らかになり、作業が簡単になるね。
    • 水分は常に変化するよ。
      毎日の湿度が変化し、気圧が変化するのと同じように、1日、1年の時間によって変化するね。
      そのため、水分を少しずつ入れ、水分が少なくなるようにしてるの。
      生地を濡らしすぎるとゲームオーバー。
      返品はできない。
      水分が少なくなるまで水をまき、それから完全な比率に水をまくのを終えるのが最も安全な方法であり、ほとんどの人が麺の世界で行うことだよ。
    • これが、日仏の職人がそれぞれの分野で卓越している理由だね。
  • ノイズ、バックグラウンドの人の声、小さな音楽が好き 。いいね
    • 私がこの日本の静けさを生きていれば、私の病は治ると確信してるよ。
  • 彼の動き、まるで格闘技のマスターのようで印象的!
    • 彼の祖先は、そうだったに違いない。
  • このビデオについてのすごい事実を発見した
    「彼は毎回正確に37回麺を切る」
    • 自動マシンのようだね。まるでアート

ひとこと

子供のころ、そばうち体験をしました。
麺を太く切りすぎて、そばではなくて、うどんのようになってしまったのも、いい思い出です。

引用元URL: https://www.youtube.com/watch?v=kyqfEncsj5o

コメントを残す