広島の原爆投下から75年。海外の人たちはこの映像を見て何を思うのか

1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下されました。

世界で唯一原爆の被害を受けた国のため、Hibakusyaという言葉では世界でも通じます。

他の国の方から見ても原爆についてどのような印象があるのかまとめてみました。

海外の反応

  • 私たちは簡単に人を殺すことができるのに、人を殺すコロナのワクチンを作ることはできないんだね。
    • 破壊と創造は違うからね…
    • 守るよりも破壊することが簡単なんてなんか皮肉だよね
    • おっしゃる通りだよ…
  • レバノンの事故があったからここに来たよ。世界が今後平和でありますように
    • 同じく
    • レバノンの件は事故だけど、これは故意な出来事だからな…
    • 色々とみてたらここに流れ着いてたよ
  • 2020年は最悪の年だけど、人を大量に殺したこの原爆の年はもっと最悪だよ
    • この歴史は決して繰り返してはいけないよ
  • これは人類史で最も使い方の悪い科学だよ
    • 2021年にはみんなが正しく使えるようになってほしいよ…
    • でも、戦争があったから科学が進歩したという歴史もあるんだよね…
  • やっぱりみんなレバノンの事件があってここに来たんだね
    • そうだよね。みんな考えることは一緒か

ひとこと

今回のレバノンの事件が原爆のことを連想させるのかそれについてコメントする人がたくさん見られました。

確かに、レバノンの爆発でキノコ雲らしきものが出ているのが、原爆後のそれを想起させますよね。

このような歴史が二度と繰り返されないことを切に願います。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=3wxWNAM8Cso

コメントを残す