海外「日本のもったいなと言う考え方はここから来てるんだね!」とある技術が話題に

日本には遥か昔から、金継ぎという割れや欠け、ヒビなどの陶磁器の破損部分を漆によって接着し、金などの金属粉で装飾して仕上げる修復技法があります

日本独自の文化ですが、海外の方はこちらについてどのように反応するのでしょうか。

さっそくまとめてみました!

海外の反応

  • 侘び寂びの文化だ!全てのものは移り変わり、完全なものはないことを受け入れていることを表してるね
    • 僕は寿司のわびさびが好きだな!
    • わさびのこと言ってんのw
  • この手法は僕の人生哲学にも言える!
    • 金継ぎは仏教の空と似ている。変化を受け入れるという考えから日本人はこういう文化が発展してきたんだろうな
    • この考え、ストイシズムにも非常に似ていると思う。遠く離れた土地でその考えに即したアイデアが生まれたのは素晴らしいと思う
    • 確かに、仏教と西洋でお互いが影響を受け合ってると根拠はあるね
  • これ、電子レンジに入れることはできないね
    • まあ、昔の文化だからそこは許容してこ!
  • 金継ぎは侘び寂びの文化の延長線上にあるね!ものごとに完璧なものはないから何があっても受け入れるという考えは本当に大事だね
  • 大学時代に友人からお皿もらってそれを壊したことがある。凄い動揺したけど、金継ぎの考え方を知って、直してみた。今でも使用してるし、壊れる前よりも気に入ってるね!
    • グッジョブ!!
  • これは美しい考え方だ!
  • 今度、皿とかが壊れたら金継ぎを実践してみるよ
  • 不完全に美しさがあるという信念は非常にいいね

ひとこと

コメントをまとめてみて、海外の多くの方が侘び寂びの文化を知っていることに驚きを感じました。

日本の良き文化が世界的に認められていると同時に、もっとこういう文化が広まって欲しい所存です。

引用元:https://www.reddit.com/r/interestingasfuck/comments/if19te/kintsugi_golden_repair_is_the_japanese_art_of/

コメントを残す