海外「何度聞いても飽きない!!」坂本九【上を向いて歩こう】の人気ぶりが凄い!!

坂本九をご存知でしょうか?

昭和を代表する歌手で、今回紹介する【上を向いて歩こう】は坂本九の歌う代表的な歌の一つでもあります

落ち込んだ気分の時、元気づけられるいい曲ですよね

早速海外勢の反応をまとめていきましょう

坂本九

坂本 九(さかもと きゅう、本名:大島 九(おおしま ひさし)、1941年(昭和16年)12月10日 – 1985年(昭和60年)8月12日[1])は、日本の俳優・タレント・歌手・司会者。神奈川県川崎市川崎区出身。愛称は九ちゃん。

「上を向いて歩こう」や「見上げてごらん夜の星を」、「明日があるさ」など数多くのヒット曲を出し、全世界におけるレコードの売上は1500万枚以上に達した。

また、映画や舞台の俳優、テレビ番組の司会など多岐に渡り活動していたが、1985年(昭和60年)8月12日に発生した日本航空123便墜落事故により帰らぬ人となった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E6%9C%AC%E4%B9%9D

海外の反応

  • この曲は、今まで聞いたことなかったのに、懐かしい気持ちを感じさせるね
    ・同じく。この曲について初めて知ったけど、今夢中で聞いてるよ
    ・変だよね…この気持ちはいったいなんだろう
  • 前世、日本人だったのかな?なぜか第2次世界大戦後の悲しさを感じるよ
  • 確かこの曲は坂本がアジアで最初にアメリカのビルボードホットで第1位になった曲だよね
  • この美しい曲は尊敬に値する
  • 多くの人がこの歌に関連した過去を持っているってことがクールだよね
  • 寝るときよく母がこれをうたってくれてた。日本語は全然わからなかったんだけど、今聞くと涙が出るほどいい歌だわ
  • 60年代初めにラジオでこの曲を初めて聞いたよ。一言も歌詞は理解できなかったけど、それは重要じゃなかった。これを聞くたびに感情的になれる素敵な曲だからね
  • 何度聞いても飽きないね。こういう曲は誰にでも書けるものじゃないよ
  • 言葉の壁は聞いた時の気持ちとか、音楽の美しさに影響を与えないことが証明されたね
  • 子供の頃にこの歌を聞いてから、数年間日本語を勉強してやっと歌詞を完全に理解することができたよ。めっちゃ幸せだわ
  • RIP坂本。あなたの曲は永遠に生き続けてるよ
  • 美しくも悲しさを感じる曲だね
  • この美しい歌をラジオで聞くのが大好きだった。もちろん、今もね
  • この曲は私の心に寄り添ってくれている…
  • 1963年に妹がこの歌を持ってきてくれて、初めて聞いた。これを聞くたびにいなくなった妹を思い出しすよ…
  • お父さんの好きな曲だ!言葉はわからないけど、好きだって言ってた!
  • 子供の頃に軍人の父と一緒に聞いた曲。今でもこの曲が好きだよ

ひとこと

海外でも記録を残す【上を向いて歩こう】は国内外問わず多くの人の心に大きな影響を与えているようです
【上を向いて歩こう】には、何度も元気づけられてきましたが、何度聞いてもいい歌ですね

1 個のコメント

  • アメリカで日本語で歌って、ビルボード一位になった曲なんだよね。
    九ちゃんがアメリカで歌ってた映像を見てたけど、みんなが騒がないで曲に聞き入ってるように見えて、不思議に感じた記憶がある。

  • コメントを残す